お知らせ

No Image

世界COPDデー

11月18日は世界COPDデーです。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、肺への空気の通りが悪くなり、呼吸が苦しくなる病気で、原因の90%以上は喫煙といわれています。
ちょっとした動作で息切れがしたり、せきやたんが毎日続くことが特徴です。ゆっくりと悪化するので、年齢のせいとして見過ごされがちですが、進行すると在宅酸素療法が必要になります。また、さまざまな病気を合併しやすくなります。
世界的に主要な死亡原因の1つですが、社会的認知が十分とは言えません。

COPDは早期の段階で発見し、禁煙・早期治療を行うことが最も大切です。


守山市では「禁煙個別健康相談」を行っています。
禁煙を希望する人は、保健師が相談をお受けします。
禁煙をしたいが1人ではなかなか始められない、禁煙が続かないなど感じている人はぜひご利用ください。

詳しくは下記URLもしくはすこやかセンターだよりをご確認ください。
http://www.city.moriyama.lg.jp/sukoyaka/30kinnenkobetukenkoukyouiku.html



また、守山市では「COPD検診」を行っています。
今年度60・65・70・75歳になる人に、COPDの質問票を送付しています。回答していただいた人のうち、COPDのリスクが高い人にCOPD受診券を送付しています。受診券が届いた人はCOPD検診を受診しましょう。

詳しくは下記URLもしくはすこやかセンターだよりをご確認ください。
http://www.city.moriyama.lg.jp/sukoyaka/copd.html


すこやか生活課
電話:581-0201

  • 登録日 : 2020/11/18
  • 掲載日 : 2020/11/18
  • 変更日 : 2020/11/18
  • 総閲覧数 : 17 人